住宅ローン借り換え条件比較

住宅ローン借り換え条件を比較

条件比較イメージ

住宅ローンの借り換えを検討している場合、いろいろな金融商品が出されているため、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますね。

 

では、どのような条件を比較して住宅ローンの借り換えを選んだら良いのかを解説していきましょう。

 

まず、当然考えるのは借り換えた住宅ローンの金利ではないでしょうか。何と言っても金利によって支払い総額が変わってきますのでこれは大事なポイントです。

 

しかし、この金利がなかなかの曲者で、ぱっと一目で比較できるものではありません。

 

変動金利、10年固定金利、20年固定金利で分かれていることが多く、しかも変動金利であれば金利優遇などと言った不確定要素もふんだんに含まれているからです。

 

これに関しては個々の金融機関でシミュレーションをしてもらうしかないでしょう。

 

次に比較したいのは、保証料です。借り換えにかかる費用は馬鹿になりませんが、その中で大きな割合を占めているのが保証料です。

 

この保証料は連帯保証人の代わりのようなものですので、借入する金額が大きければそれだけ保証料も大きくなります。

 

3000万円、30年ローンで60万円というのが相場です。最近は保証料不要の銀行が増えてきており、それを大々的に宣伝しています。

 

確かに保証料が不要というのは魅力的ですので、これを決め手に金融商品を選ぶのも手でしょう。

 

ただし、保証料がある分、審査が緩くなる場合もあるわけで、一概に保証料が悪いということではありません。

 

次に比較する条件は事務手数料です。これは各金融機関がローンを組むときに行う手続き料です。これに関しては、安いほうがいいのは言うまでもありません。

 

いわゆるメガバンクの借り換え用金融商品の場合、3万円前後で足並みを揃えています。

 

5万円、4万2千円といった銀行もあるようです。時折、キャンペーンで事務手数料無料の時期を設定する場合もあるようですので、こうした時期に借り換えをしてしまえばお得になりますね。

 

金融機関によっては、借り入れ金額に対する割合で事務手数料を設定しているところもありますが、この場合は手数料がケースごとに変わってきます。

 

3000万円の借り換えで2%の事務手数料であるとすると60万円ということになります。

 

もう一つ比較条件になるのが疾病保障の項目です。つまり、ローン支払い中に重い病気になって働けなくなった場合に備えての保障なのですが、取り扱っている金融機関と取り扱っていない金融機関があります。

 

また同じように取り扱っている銀行でも、金利の上乗せの形で有料化している場合と、無料で保障を付けてくれるところとありますので、これも判断材料になるでしょう。


住宅ローン借り換えの条件が良い銀行ランキング!


HOME 諸費用のポイントは? 条件比較のポイント おすすめ銀行は?