住宅ローン借り換え条件の相談

住宅ローン借り換え条件の相談はどこでする?

相談イメージ

「住宅ローンが毎月の家計の負担になっている・・・」、「繰上返済で完済して資産運用を始めたいけど、繰上返済手数料があって思うように出来ない・・・」。こんな悩みを抱えている人は少なくありません。

 

こうした人たちのニーズに応えるのが住宅ローンの借り換えです。

 

負担が大きいと感じているのであれば、低金利・低負担のローンに切り替えることが出来ますし、繰上返済して早く完済したい人であれば、手数料無料のローンに切り替えることが出来ます。

 

しかし、自分の住宅ローンを借り換えた場合に本当にメリットがあるのか、あるとしたらどんなタイプの住宅ローンに借り換えたらいいのか、どのくらいのメリットがあるのか、そもそも自分の状況で借り換えが出来るのか・・・といった点が知りたいと思いますね。

 

今現在、住宅ローンの借り換えが盛んに行われているので、インターネット上でもこの点に関する情報を沢山見つけることが出来ます。

 

「金利差1%、ローン残高1000万円以上、10年以上ローン期間が残っていればメリットがある!」なとどいった条件を教えてくれるサイトは沢山あるわけです。

 

しかも中には現役のファイナンシャルプランナーが書いているコラムなどもあり、信頼できる情報を見つけることも出来ます。

 

とはいえ、このネットに溢れている住宅ローン借り換えの情報は、あくまでも一般論であり、ここのケースに当てはめることはなかなか難しいものです。

 

年収、勤続年数、クレジットの利用歴といった個人の信用情報はそれぞれで異なりますし、当初のローンを組んだ時期、ローン残高も人によって様々だからです。

 

幾ら具体例を幾つか提示されても、本当に自分のケースで借り換えメリットがあるのかは把握しにくいものです。

 

住宅ローンの借り換えは何度も行うものではありませんから、大雑把な情報で飛びつくのではなく、きちんと調べて利用したいものです。

 

特に金利計算などは複利が入ってくる分自分では計算しにくいものです。銀行がサイトでシミュレーターなどを提供していますが、金利計算だけでは計れない項目も多々あります。

 

そこで、借り換えを検討するのであれば銀行の窓口などに相談してみるとよいでしょう。

 

あるいは、住宅ローンを専門に扱っているコンサルタントなどに依頼するのも一つの手です。

 

コンサルタント料がかかりますが、専門家ですからどうしたら一番良い方法で借り換えが出来るかを提案してくれることでしょう。

 

数十万円払って数百万円の節約ができると考えれば安いものと言えるかもしれません。


住宅ローン借り換えの条件が良い銀行ランキング!


住宅ローン借り換え条件TOP 諸費用のポイントは? 条件比較のポイント おすすめ銀行は?