住宅ローン借り換えのおすすめ

住宅ローン借り換えのおすすめは?

おすすめイメージ

これまで、住宅ローンの借り換えとはどのようなものか、どんな条件で借り換えたら得になるのか、どんな条件の金融商品を選択したら良いのかを説明してきましたが、これらを踏まえた上でお勧めの借り換えローンを解説していきましょう。

 

まずネットの口コミなどでも人気が高いのが、新生銀行のパワースマート住宅ローンです。

 

もちろん借り換えに対応しています。新生銀行の大きなアピールポイントは保証料が無料であること、そして事務手数料が5万円と低く抑えられている点でしょう。

 

他の銀行の中にも保証料無料の銀行はありますし、事務手数料がもっと安い金融機関もあるのですが、両者の合計金額が5万円以下になるのは新生銀行とソニー銀行だけです。

 

しかも、新生銀行は驚きの事務手数料無料キャンペーンを打つことがあり、そのときに借り換えをしてしまえば保証料も事務手数料もゼロで借り換えが出来ます。

 

金利のほうも気になりますが、変動金利、10年固定、20年固定全て業界最低水準に設定されています。

 

繰上返済ももちろん1円から無料でできるため、借り換えのメリットを十分に受けることが出来る借り換え用商品になっています。ただし、疾病保障が付いていないのが唯一の難点です。

 

次いでお勧めなのが、住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

 

こちらの借り換えローンの特徴は疾病保障が無料であること。多くの場合、疾病保障は有料で、金利の上乗せが行われる場合もあるのに対し、住信SBIネット銀行は唯一、これを無料で提供しています。

 

では、基本的な金利が高く設定されているのではないか・・・と思うかもしれませんが、業界最低水準の金利を実現しています。

 

もちろん、繰上返済が一円から無料ですので、毎月こつこつと上乗せで返済していくだけで金利を圧縮することが出来ます。

 

保証料も不要なので楽に借り換えが出来るのも魅力ですし、来店不要で借り換えが出来てしまうというのも人気の秘訣です。

 

欠点としては事務手数料が固定でなく、借入額の2.10%が必要になることくらいでしょう。

 

最後に紹介するお勧め借り換え商品はソニー銀行です。ソニー銀行は変動金利に特化した「変動セレクト」と通常の借り換えローンの2種類を用意しています。

 

通常のタイプは10年金利、20年金利が非常に低くなっており、魅力的な借り換えオプションになっています。

 

また、事務手数料が4万2千円と安く、保証料も不要です。変動セレクトの方は変動金利が非常に低く設定されています。
自分の状況と好みに合わせてチョイスできる幅の広さがソニー銀行の最大の魅力でしょう。


住宅ローン借り換えの条件が良い銀行ランキング!


HOME 諸費用のポイントは? 条件比較のポイント おすすめ銀行は?